MENU

メディプラスゲルの成分について解説|良くないものは入っていない?

メディプラスゲルは、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム等の優れたミネラルバランスを誇る美肌温泉として知られる、出雲玉造の温泉水をベースに、次のような美容成分が66種類配合されています。

 

メディプラスゲルの成分

まず、3種類の高濃度セラミドが配合され、肌に十分な潤いを与えています。

 

そして、「通常のコラーゲン」と、従来のコラーゲンの1000/1の大きさの「超微粒子スーパーコラーゲン」が配合されることにより、「通常のコラーゲン」は肌の表面の保湿、「超微粒子スーパーコラーゲン」は角質層内部にまで浸透し、肌のハリや弾力を高めています

 

また、サケから抽出された「フィッシュプラセンタ」は素肌のキメを整え、肌の弾力をサポートします。

 

そして、通常の「ヒアルロン酸」、従来のヒアルロン酸の2倍の保水力がある「スーパーヒアルロン酸」と「ナノ型ヒアルロン酸」や、人間の体内では作れない「必須アミノ酸」と「アミノ酸」が15種類配合されることで、高い保湿力を実現しています

 

その上、紫外線対策や肌のキメ、ツヤ等、肌そのものにアプローチする「ビタミンC」や、その他36種類の美容成分も配合されています。

 

一方、香料・合成着色料・合成乳化剤・防腐剤といった、肌に不必要な物は完全にカットしています。